政策作り実現するために

公明新聞記者として報道部、論説部、政治部担当部長として、国会報道などに携わりました。10年前からは、公明党の政策を担う政務調査会で厚生労働、国土交通、内閣関係の政策に携わり、政務調査会事務局長として、政策立案のかなめ役として、数多くの法律の制定に力を発揮しました。
生活者の声を確かなカタチにするため、国政を支える現場で培った視点と経験を、
この国の未来を築くために生かしたい。
国民の暮らしを守り、希望ある日本の未来を築くために、全力で働いてまいります。

<参議院>

・予算委員会、厚生労働委員会、ODA特別委員会

<公明党>

・東京都本部副代表、秋田県本部顧問

25

年の

記者経験

機の

53

ドクターヘリ

2

つの誓い

4

​人家族

プロフィール

1962年1月19日、徳島県阿波市生まれ。2019年7月参議院全国比例区で初当選。

血液型はO型、山羊座。中学、高校時代は軟式テニス部で汗を流す。

秋田大学鉱山学部(理工学部の前身)卒業。東北での4年間が人生の節目となり

大学卒業後、大手製薬会社の内定を辞退し、公明新聞入社。

記者時代、第一線で取材する中、制度の狭間で苦しんでいる人々が多いことに気づき

解決のために汗を流すのは公明党しかいないことを実感する。

ドクターヘリ導入政策を陰で支え、がん対策をライフワークとしてきた。

命を守るための政策に尽力することを誓い、自身の使命とする
妻と一男一女の4人家族。座右の銘は誠心誠意

趣味は読書(勧善懲悪が好き、鬼平犯科帳は全作読了、DVD所有)、映画鑑賞、釣り。好きなものはコレクションに(ABBAのレコード、綾小路きみまろなど)好物は麺、特に素麺は3食OK。お酒はそれほど強くないが無類のビール好き。

 
車の前で

車の前で

3歳頃、姉とは大の仲良し、いつも後を追いかけていました

徳島家族

徳島家族

15歳頃の家族写真。中学高校は軟式テニス部で汗を流しました

大学生時代

大学生時代

秋田大学時代、家庭教師のアルバイトをしながら学び、活動

秋田の恩師

秋田の恩師

東北で過ごした4年間は、生涯の原点です

公明記者時代

公明記者時代

公明新聞入社。第一線で現場取材

結納

結納

井上副代表ご夫妻のお仲人で妻と結婚

候補として

候補として

2019年参議院全国比例で初当選

地域の中で

地域の中で

地域のお祭りでお世話になっている方々と

同期の新人議員

同期の新人議員

初登院の日、参議院当選同期の議員と(左から塩田、下野、高橋、安江)